愛と美に生きたロココの女王




ロココ。 美術史に名を残さない、華麗な時代。
「四角いより丸いもののほうがカワイくない?」という概念のもとにすべてが傾倒した時代。
その時代を象徴するのが、フランス王妃、アントワネット。
社交界の花と歌われ、その美しさをすべての人から賞賛され、何にも不自由することなく、ただひたすら愛と快楽を求めて、少女のように自分の欲求に素直に生きた、女王。

その奔放さのツケは、彼女を断頭台での死という悲劇に導くが、本人は何が悪かったのかさえ理解できなかったかもしれない。
パンがなくて飢えに苦しむ民衆に対して、「パンがなければ、お菓子を食べればいいじゃないの」と本気で答えたことはあまりにも有名。





存在自体が華やかなこのタイプの美女を彩るのは、
さりげなさそうに見えて、他では絶対に見つからないこんなデザインがオススメ。
モード・ミラノの「ラ・トラヴィアータ」シリーズは、あなたのセンスをさらに輝かせます。


「ラ・トラヴィアータ」詳細

人をもてなし、またもてなされることが大好きな根っからの社交家。
会話のセンスでは誰にも負けない自信あり。センスの悪い誰かをフォローするのも楽しみの一つ。
初対面の人には必ず好かれるのが特技。プレゼントするのもされるのも大好き。
裏方仕事や地道な努力は物凄く苦手で、楽なほうに流れる事に躊躇しない
基本的に楽天的。なにがあってもいつか誰かが助けてくれる、と信じて疑わない。

浮かれ騒いで幸せで。毎日が優雅なお祭り騒ぎのようなあなたの人生は、好循環が続く限り最高に幸せですが、ひとたび歯車が狂うとそれを止められない「軽さ」と表裏一体でもあります。
人々があなたをちやほやするのも、あなたが明るく恵まれたお姫様だからこそ。運悪くそうでなくなった時が来た時に、転がり落ちる運命のストッパーとなるべき何かを用意しておくことが、このタイプの人生の課題となることでしょう。

つねに男性の気を惹きつけ、モテモテのあなたに懸想する男たちは数限りなく表れることでしょう。
幾人もの男性の間を渡り合うことも十分出来ますが、一度誰かにはまるとどこまでも深みにはまっていくのが華麗なるお姫様の特徴。
しかも、恵まれすぎたゆえの皮肉か、不倫や三角関係などの難しい恋愛にはまりがちな側面もあります。
何しろ引く手あまたのこのタイプ、慎重に相手を選んで、幸せな恋愛を目指しましょう。

基本的には、お金に不自由はしません。ただし、金銭感覚には恵まれていない面があるので、確かな経済的地盤の確保が必要です。
仕事ではなんでもそつなくこなして周囲の尊敬を勝ち取りますが、仕事は仕事と割り切って、深入りすることはなさそうです。

セレブな女には、派手なアクセサリーがよく似合う。コルティジャーナ・ジュエリー
アントワネットはケーキが大好き。美味しいものには目が無いの。隠れた美味をご賞味あれ。 マロンケーキ
花を贈られてうれしくない美女なんて存在しないですわよ? フラワーファーム
写真を撮るのも、撮られるのも大好き。でも、わざわざお店行くなんて!! デジカメプリントはDPEgg
華やかなあなたには、華やかな読書ライフを。マリー・アントワネット関連の書籍類を中心に集めてみました。
          
「コルティジャーナ」では、ビジョウラや絶世の美女ライフをより一層楽しめる情報を随時発信しています。
また、御意見・ご感想もお待ちしております!!



ランキング参加してます。宜しければ拍手代わりに一票↓↓
人気サイトランキング
HOME    BIJOURA    ABOUT US    MAIL 
Copyright(C) 2005 "cortigiana", All Rights Reserved.