たおやかでしたたかな、遊女の中の最高位





「太夫」という呼び名(ランク)自体が、見た目の美しさは言うに及ばず、茶道、華道はもちろん、書道や和歌にも秀でていて、さらには管弦、囲碁までこなすことができるほんの一握りの「最高級」といわれる遊女にしか与えられなかったものである。
「高尾太夫」とは、その「最高級である太夫」の中でもさらに「最高峰の一人」しか称することができなかった。
そのため、その名で呼ばれたのは、吉原約四百年の歴史の中でもたった11人しかいない。

「遊女」でありながら、庶民は見ることすら叶わず、時には大名よりも権勢を誇ったといわれる。
客がどんなに身分が高かろうと、気に入らなければ断ることが出来たということからも、如何に高尾太夫が権勢を振るっていたかが知れる。
しかしその美貌・希少性ゆえ、悲劇的な結末を引き起こすことも、少なくなかった。

■美意識が高く、常にクールでエレガント。努力している姿は死んでも見せません。
■「割り切り」が人生の合言葉。ドライなものの見方は随一。
人やものに必要以上に入れ込むことがなく、感情表現も抑えがちなので、周囲から見るとミステリアス。
■雰囲気に流されにくいので、時に空気を読めず、ノリが悪い
■人は人、自分は自分。ケロリとしながらわが道を行く、アイス・ドール。

一歩間違うと単なる「不思議ちゃん」になってしまうのもこのタイプ。あなたの魅力の「肝」は、その不思議さを意識と無意識の微妙なバランスで保っている点にあります。そのバランスが意識過剰だったり、まったくの無意識だったり、どちらに傾いても、単なる変わり者になってしまう危険性が。
また、人間関係のクールでドライなのも魅力のうちですが、数人でも心からの友人を持つことは必要です。

所謂熱い恋愛には不向きなタイプです。
年の離れた男性や、まったくフィールドの違う相手など、どこか現実感をもたない恋愛でないと、なかなか中に入っていくことが出来ません。
逆にとことんまで現実的な「結婚」となれば、非常にそつなく、何の問題もなくこなしていくことが出来るでしょう。
あなたを尊重し、束縛しようとしないパトロンに出会うことが一番の幸せですが・・

意外と金銭感覚に恵まれている反面、ほしいものがあったらお金には糸目をつけないので、金銭運は安定しません。
また、独立独歩の気風が強いので、組織の中で生きることは苦手です。あくまで独立した部署の責任者としてなら、最大限に能力を発揮できることでしょう。

女と生まれたからには、着飾ってお生きなんし。
 これも確かに日本文化の華でありんす。日本人なら知っといて損はなし。
        
「コルティジャーナ」では、ビジョウラや絶世の美女ライフをより一層楽しめる情報を随時発信しています。
また、御意見・ご感想もお待ちしております!!



ランキング参加してます。宜しければ拍手代わりに一票↓↓
人気サイトランキング
HOME    BIJOURA    ABOUT US    MAIL 
Copyright(C) 2005 "cortigiana", All Rights Reserved.